入会したきっかけを教えてください

電気系の高校を卒表後、当時の国鉄に就職し、電力系統の技術者として新幹線配電所設備などの管理業務を担当しました。もともと独立志向が強く、自ら事業を興したいと考えていましたので、民営化を機に29 歳のときに退職。日本での活動にとどまらず、アメリカでのカラオケ事業の拡大などにも携わりました。さまざまな事業の経験を生かしながら、かつて身につけた技術をもう一度役立てたいと、2002年7月、44歳のときに日電協に入会しました。

どのようなペースでお仕事していますか


現在は43事業場を担当していて、ひと月にその半数の点検業務を行います。毎月10日ごろまでに月次点検を済ませるように段取りし、それ以降は年次点検の予定を組みます。年次点検は停電をともなうため、土日を希望するお客様も多くいらっしゃいます。毎月決まった休みはありませんが、一日がかりの仕事ではないため苦ではありません。仕事が早く終わった日はゴルフ練習場で息抜きをすることも。日本テクノが主催するゴルフコンペにもよく参加しています。

お仕事でもっとも大切にしていることは何ですか


電気設備の迅速な復旧に備え、お客様との協力体制を築いておくことが重要です。日頃から点検結果をわかりや すく説明するのもその一つで、実際にあった事故の事例を見てもらうなど、設備の状態を理解していただけるよ うに努めます。お客様の利益を第一に考え、自分の存在意義と照らし合わせながら業務を行っています。

お客様応対で心がけていることは何ですか


事故などの大事に限らず、問い合わせいただいた課題には些細なことでも迅速に対応するように心掛けています。自分が必要とされているときが、お客様との距離を縮める最大の機会。信頼関係を築くことでその後の業務がスムーズに行え、最も大切な安全の維持にもつながると考えています。

これから入会される方へ


企業や団体に所属すると人間関係がわずらわしく感じることもありますが、日電協は個人事業主として活動できるのが最大の魅力です。点検のスケジュール管理は、お客様の都合を考慮すれば、あとは自分で好きなように決められます。また、お客様の紹介や事故が起こった際は日本テクノがしっかりとサポートしてくれるので安心感もあります。

ページトップへ
このページを閉じる